食に本気な大人のための「鴨ネギの会」

”蔵元と消費者と飲食店”が夜な夜な美酒を嗜む秘密の酒会

群馬の日本酒②【尾瀬の雪どけ】

皆さま(o´ノωノ`o)コンニチ…ヽ(o´・∀・`o)ノワァ♪

鴨ネギ広報部、ヨシコです。

 

県外酒を飲む機会が少ないながらも、美味しかった群馬の日本酒をご紹介したいと思います。

今回は、その二回目です。

前回はこちら↓↓↓

 

 

kamonegi22.hatenablog.com

 

そして今日ご紹介するお酒がこちら

f:id:kamonegi22:20191122135118j:plain

https://www.hasegawasaketen.com/eshop/products/detail/2028

尾瀬の雪どけ 純米大吟醸 桃色にごり】龍神酒造㈱/群馬県館林

(通称:オゼユキ桃色にごり)

※こちらは春の季節商品ですが、忘れてしまわないように、今から宣伝しちゃいます。

 

尾瀬の雪どけが滞積せいてできる名水「龍神の井戸」の上に土蔵・酒蔵を作り、酒業をスタートさせたお蔵さん。

その由来通り「龍神酒造」。

手作業による「手磨き洗米」を行ってお酒造りをしているそうです。

 

私がこのお酒と出会ったのは、数年前に出席した

日本酒の持ち寄りの会でのこと。

 

この時、鴨ネギの会員さまも数名いらっしゃったと思うのですが、覚えているかな???

で、このお酒を飲ませて頂いてビックリ。

数年前は今より県外酒を飲んでいなかったので、

正直、おっかなびっくりだったんですよね。

 

でも、

一口飲んでさらにびっくり!!

 

美味しい\(◎o◎)/!

 

そして、ピンクのお酒が

可愛い\(◎o◎)/!

 

赤色酵母を使用し、桃色になるお米と麹だけで醸しているとのこと。

 

いちごのような甘酸っぱさがあって、

でも上品で口当たりがよくて、

後味も心地よかったんです。

 

しかも、

アルコール度数が10度と低めなので、

下戸な私にはちょうどいい!!

 

呑んべいの方にはもしかしたら物足りなさを思わせてしまうかもしれませんが、

美味しいので是非とも体感してほしいです。

 

この持ち寄りの会の時、

出席者にお酒の感想をお聞きしたのですが、

尾瀬のゆきどけは女性を中心にとっても人気があって、

あっという間になくなってしまいました。

 

春のお酒として、皆さまも是非お試しください。

 

上記に貼った写真のリンクの通販サイトから購入することができますが、

人気商品ですぐに売り切れてしまいますのでお早めに!!!

 

そうそう。

新潟にはお福酒造の「越後の雪どけ」っていうヨーグルトリキュールのお酒があるんですが、そちらもおすすめです。

「雪どけ」繋がりということで(笑)

f:id:kamonegi22:20191122140831j:plain

http://ofuku-shuzo.shop-pro.jp/?pid=114762412

こちらもリンク先(酒蔵通販ページ)から購入することができますので、

気になった方はご覧下さい。

 

本日もありがとうございました。

引き続き、群馬の日本酒をこれからも紹介してきたいと思います。