食に本気な大人のための「鴨ネギの会」

”蔵元と消費者と飲食店”が夜な夜な美酒を嗜む秘密の酒会

富山の日本酒①【AKEBONO WINTER SPECIAL LIMIT750】

皆さま(o´ノωノ`o)コンニチ…ヽ(o´・∀・`o)ノワァ♪

鴨ネギ広報部、ヨシコです。

 

今回は……私にしては珍しい(笑)県外酒のご紹介。

はい、頂きモノです。

それがこちら。

f:id:kamonegi22:20200326205352j:image

【AKEBONO WINTER SPECIAL LIMIT750】

㈱高澤酒造場/富山県氷見市

日本海すぐ近くにあります酒蔵さんで、代表銘柄の曙シリーズはキリッとしまった端麗辛口ながらも豊潤な味わいが特徴とのこと。新潟の“淡麗”と漢字が違いますね…

そのシリーズの、冬の時期に限定750本のみ出荷される純米原酒の新酒です。

 

限定○○本って聞くだけで、すでに美味しそうって思ってしまうミーハー者でございます(笑)

 

スペックはこんな感じ。

アルコール度数:17度

精米歩合:55%

酵母:協会1401号

原料米:なんと産雄山錦100%

 

酒米、雄山錦は初めてでしたので、どんな酒米か調べてみました。

 

雄山錦は「ひだほまれ」と「秋田酒33号」の交配で、稲の幹が太くて倒れにくく、収穫量が多い。

お酒にした時の味わいはやや辛口でやや濃醇。ふくらみがあってバランスが良い。

仕込みに関しては吸水が速く麹菌の繁殖力が強い。精白度を高めても砕けることが少ないため大吟醸など高級酒を造るのに向いている。

富山県農業技術センター農業試験場14年かけて開発され、平成12年から奨励品種となっているそうです。

(参考:富山県Toyama Jast Now)

 

また、高澤酒造場のこだわりは全てのお酒を槽(ふね)で搾っていること。

お酒にストレスをかけず、まろやかで優しい味わいに仕上げているそうです。

 

ではさっそく頂いてみましょう。

ちょっと澱がありますね。

f:id:kamonegi22:20200326205424j:image

味わいは酸があってジューシーな感じ。

今っぽい感じ。

和食より洋食に合うのかなぁ……

f:id:kamonegi22:20200326205444j:image

ある日、夕食がハヤシライスだったので合わせてみたら、すごく良かったです。

デミグラスソースにバッチリ!!

 

富山県にも、おいしい地酒が沢山ありますよね。

昔、イベントでブラインドで新潟県のお酒を当てるクイズがあって、私は見事に富山のお酒を新潟のお酒と間違えてしまいました(汗)

まぁ…同じ日本海に面したお隣の県だからね(←いいワケW)

だから、もっともっと富山のお酒を飲んでみたいなぁ♥

高岡にいる従兄弟に頼んで送ってもらおうかなぁ…(笑)

って、今の時代、通販でいくらでも買えましたね(汗)

ということで、おすすめの富山地酒があったら是非とも教えて下さいませ!

 

本日もお付き合い頂きありがとうございました。