食に本気な大人のための「鴨ネギの会」

”蔵元と消費者と飲食店”が夜な夜な美酒を嗜む秘密の酒会

家庭料理のすすめ①【万能たまねぎソース】

 

ΗЁLL0♪ヾ(◕x ◕o)=ε3=ε3

主婦業が苦手な主婦の、鴨ネギ広報部ヨシコです。

 

鴨ネギの会には、沢山の「食のプロ」がいらっしゃいますので、ブログで私がレシピ紹介とか、家で作った料理の紹介とかするって……

 

ものすごーーーく、ハードルが高い(´;ω;`)

 

ですが!!!

 

あの、美食家・料理家でもあります北大路魯山人は言っています。

f:id:kamonegi22:20190817130444j:plain

https://ja.wikipedia.org/wiki/北大路魯山人

私たちの考えていますことは、日常料理の美化であります。普段の家庭の日々の料理を、いかに美しくしてゆくかということであります。

 

家庭の料理、実質料理、一元料理(あなたのために作りたいという愛情料理)、そこにはなんらの思惑がはさまれていない。ありのままの料理。それは素人の料理であるけれども、一家の和楽、団欒がそれにかかわっているのだとすれば、精一杯の、まごころ料理になるのである。味噌汁であろうと、漬物であろうと、なにもかもが美味い。それを今日の簡単主義と、ものぐさ主義が商業料理へ追いやって、家庭の料理は破滅に陥ったのである。

 

…と、いうことで。

普通の主婦が家族の為に作る家庭料理に、もっと誇りと自信をもって頑張ろうではありませんか!!!

 

…で、最近適当に作って息子もどハマリしてくれたソースをご紹介したいと思います。

 

それがこちら。

【たまねぎソース】

f:id:kamonegi22:20190817154632j:image

はい(笑)血液サラサラに凝っている私が、いかにして、たまねぎ含む血液サラサラ食材を摂取するか考えて適当にぶち込んで作りました。なので分量とか分かりません。

だいたいの『勘』で作るのが主婦の家庭料理です(笑)

 

まずは、ミキサーにたまねぎと適量の水を入れてドロドロにして…

ごま油をしいた鍋にかけながら、すりおろしにんにくすりごまを適当に入れて(すりごまは結構多め)…

少しのお醤油で味付けして水分を少し飛ばず程度に煮詰めて出来上がり。

仕上げにいりごまを投入。

(どんだけセサミン入れるんだW)

 

サラダ、肉、魚、パン…何にでもディップできますよー!!

 

大人しか食べないかな?って思っていたんですが、これが意外にも息子が美味しいとハマり、勝手に冷蔵庫から出してきて、パンや肉に付けて食べてくれてます。

 

良かった良かったヽ(・∀・)ノ

 

私なんかパンにコレつけてさらにはちみつ酢たまねぎのっけて食べてみたり(どんだけたまねぎ摂取するんだW)

f:id:kamonegi22:20190817154658j:image

 

とまぁ…こんな感じでいつも適当に料理を作っている次第でございます。

フェイスブックとかにもちょいちょいあげていますが、何度も言うように、特に料理が上手いワケでも好きなワケでもありません(笑)

やらなくていいなら、やりたくありません。

だけど…自分が母の手作り料理で育ってきたので、やはり冷食や出来合いの惣菜より、なるべく手作りのモノを食べさせてあげたいなぁと思っています。

(ていうか、娘は手作り以外のモノはあまり食べてくれないので致し方ないく)

 

家で簡単にできるレシピがありましたら、是非ともいろいろ教えて下さいませ♥